工事現場をサポートする便利建築シート|仕事の効率アップ術

工具

配管を整える

配管をリフレッシュするには

工事現場

配管は液体や気体などを外部に漏らすことなく運ぶためのものです。もっとも身近なものとしては水道管や排水管があります。近年の配管では樹脂製の管が使われ、金属管よりも腐食のリスクは下がっていますが、それでも経年により配管内の内側に汚れが溜まることがあります。特にビルの配管などでは水圧の関係で発生しやすいため一定年数を過ぎれば抜本的なメンテナンスを行う必要があります。抜本的な対策としては新しい配管に変えることですが、非常に時間とコストが掛かるデメリットがあります。一方で配管を取り替えずに配管内の汚れのみを取り除くライニングと呼ばれる方法があります。このライニングでは、既存の配管を洗浄するものであり短期間で行うことができ、使用中のビルなどでも利用することができます。

ライニングのメリット

ライニングの最大のメリットは、配管を取り替える必要がないということです。大規模改修工事を行うさいに合わせて行えば、それほど取り替え費用も掛かりませんが、単独で行う場合にはコストが高くなります。ライニングの仕組みとしては既存の配管の汚れを清掃しつつ樹脂をその内側にコーティングするというものです。これにより、既存の管を生かしつつ内側に新しい防水層を合わせて作ることができる仕組みです。ただし、ライニングの弱点はすでに破損している箇所や継ぎ手やカーブに弱いということです。このため、直線部分のみライニングし、継ぎ手などは新しいものに取り替えるのが一般的な方法となっています。またライニングを行う場合には取り替えとことなり廃棄物を最小限に抑えること可能です。