工事現場をサポートする便利建築シート|仕事の効率アップ術

工具

水まわりの工事を依頼

配管のライニング加工における金額の傾向とは

工具

住宅などの給水管や排水管といった配管は通常、埋没式が取られていることにより劣化時の交換は非常に難しいものです。工事をするとなると大掛かりとなり、ましてやマンションなどの集合住宅では現実的では無いものです。そこで長年の使用による配管の劣化に対しては、その内部をコーティング処理するライニングが施されてきたわけです。初期の頃はゴム製のライニングによる処理が手軽に行われていたものですが、現在ではその種類は多岐に渡るようになっています。その金額についても、使用する素材によって異なるものとなりますが、全体としては施工費は安くなってきています。これは多くの集合住宅が老朽化を迎えて、その配管のメンテナンスを必要としていることからの需要の高まりが背景にあります。

配管のライニングの歴史は割と古いものです。高度成長期に多くの集合住宅が建設されるとともに、その配管に関してのメンテナンスもすでに考慮されていたことが背景にあります。多くは安価なゴム製によるライニング加工がほとんどでしたが、施工のしやすさもあって普及も早かったわけです。現在では、給水管と比べると排水管はその内部構造が複雑化していることによって、単一素材でのライニングは難しくなってきています。場所によって使用する素材が異なるために、劣化の度合いも異なっているものです。これからの課題としては、このように複数の素材に対して異なる材料によるライニング処理を行えるようにすることが挙げられます。それも効率化することで多くの需要に応えることが必要となっています。